文句ガールとお盆休み

お盆は電車ガラガラと聞いてたけど、ホントに座れてびっくり。

毎年そうなんだろうけど、喉元過ぎればなんとやらで忘れてしまうので、毎年新鮮な気持ちでこの時期通勤してます。

 

さて。

勤め先は、広義的には「サービス業」のため、夏期休暇は各々有休を使って取得するんだけど(人事からも連続休暇取得推進のお達しが出る)、入社して5年以上たってるのに、毎年同じ文句を言う人がいるなぁということで、我が部の文句ガールについて、思いを馳せてみる。

 

まず彼女の言い分として、夏期休暇を取得せよと推進するわりに、正社員と契約社員とで、有休の日数が違いすぎる! ということが不満らしい。

 

勤め先の場合、正社員は半年待たなくても入社してすぐに有休が使用できるし、日数も最初から15日あるので、半年待ち&10日スタートの契約社員とは違いすぎる、それなのに右へ倣えで、夏期休暇をなかば強制的に(彼女にとってはそう思えるらしい)取れというのは何事かということらしい。

 

うむ。

確かに正社員とは違うよね、と事実には頷くものの、まず正社員は就活して勝ち上がってきた人たちなのだから、制度に違いがあるのはやむなしというか、当然だよね。うちら面接だけで入社してるわけだし、と応えてみると、次にいままでに勤めた会社はすべからく会社として夏期休暇があったので、貴重な有休を使う必要なんてなかったとの話に。

 

お、おう…。

 

なら、なぜにサービス業に就職したのだろうか。

(募集要綱にも年末年始休暇は記載あっても夏期休暇の記載はない)

 

それに会社としての夏期休暇があったとしても、時給制のわたしたちは単純に給料が減ってしまうので、どっちがよかったかといわれると、夏期休暇取得を選べるいまの方がいいんじゃなかろうかと思ってしまう。

 

と思ったことを思ったままに伝えてみても、毎年毎年同じ文句を聞いているので、まあ言うことでストレスを発散しているんだろうなと思うことにした。

 

ということで、電車乗り換えたら座れなかったけど、ブログ書けたので、やっぱりそこそこ空いてたようです。

ってことで、お仕事行ってきます!

( ´∀`)/~~

 

 

 

 

広告を非表示にする