読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職活動してるからといって、なんでもいいわけではないというメンドクサイ気持ち

しごと

毎日暑いよね。8月だもんね。

って真夏なのに、転職活動をほんの少しだけはじめました。

とりあえず転職サイトの職務経歴書をまともに入力したって程度なんだけども……。

 

いままでは、転職サイトにとりあえず希望条件入れておけば、おすすめメールが来るから、職務経歴書空欄のまま、更新されていく求人情報を、残業終わりの夜中にダラダラと(現実逃避的に)見て、

 

「絶対に転職するんだ。来年はもうこんな生活とはおさらばさ」

 

 とか思ってたんだけど「それ転職活動ちゃうよね」ってことで、仕事が閑散期に入ったこと&行きたいなと思った会社の求人が出たので、ようやくちゃんと自己PRや職務経歴書を登録しました。

(ちなみにその会社は書類選考で落ちました。そしてそのあとも募集延長していたので、お呼びじゃなかったらしいです。)

 

 

職務経歴書を登録してみて変化のあったこと

 

スカウトメールが来るようになりました。

って、スカウトが来たから受かるってわけじゃないんだけど、なんとなく嬉しい。

 

が、年齢(40代)もあってか、経験した職種がその転職サイトの求人とマッチングしてないのか、いままでに来たスカウトは

 

  1.  コンビニオーナー
  2.  タクシー運転手
  3.  保険(外交員やコールセンター)
  4.  不動産の営業

 

が不動のTOP4です。

コンビニオーナーなんて、あとミニストップが来れば制覇だよ。。。

 

もちろん、現職に近い業界からも来ますよ。
来ますけど、明らかに来る比率がおかしいというか、偏っているというか。

スカウトのシステムはよく分からないけど、求人側が条件検索をする際に、機械的に年齢でピックアップされてるんだろうなあと思うほどには、40代でキャリアもマネジメント経験もない、ただの非正規社員契約社員)に、40代でも未経験でも可! と言ってくださる業界は限られるのだなあと、現実を実感する日々です。

 

ここでどうしても転職したい! しないとならない! って逼迫している状況なら、とりあえずなんでも受けてみようという心意気で、結果的にもしかしたら天職と出会えるかもしれないんだけど。 

しかしこの年で(しつこいようだけど、40代)、まったく新しい仕事にチャレンジするっていうのは、ハードルが高いんですよ!

ええい! そんなハードルなんて、飛び越えてしまえ! 一度失敗したって次があるさって思えるのは、30代前半までだよなあと。

社会人生活も半分くらい過ごしてきて、あまり気にしてなかったこの先迎える定年とか年金とかが見えてはじめ、親だって同時に年を取っているので、いつどうなるかって話も現実味を帯びてきているので、動く前に頭で色々考えてしまうのです。

 

というわけで、結果的に転職しない(できなかった)って未来になるかもしれないけど、今のままの状態でいいとも言い切れないので、今後もスカウトメールを横目で眺めつつ、引き続き探してみます〜。

 

広告を非表示にする