テレビについて

テレビが急に映らなくなって、数日間テレビのない生活を送ることになったので、感じたことを残しておこうと思う。
※修理代がいくらしたとか、○○したら直った! とかの記事ではないです。テレビは潔く買い換えました。

 

いままでも、ニュース以外で特定の番組を定期的に見る習慣がなかったので、しばらくテレビがなくても大丈夫とは思っていたんだけれども、音のない世界というのは存外静かすぎて、YouTubeiTunesなどで「音」を聴く時間が増え、さらにTwitterFacebookなどのSNSで、普段はあまり見ていなかった友人やらの近況を覗く時間がなぜか増えた。

友人らのこどもの成長を見て「いいね」を押し、YouTubeで好きな音楽をいろんな人の演奏で聴き比べてみたり。

時間を持て余していたということなのかなんなのか。
自分の行動が興味深いのだけれど、深堀りするほど気力も探究心もないので、次へ行く。

 

ニュースは原点に帰って新聞で。

ネットニュースも見ていたので、そんなに世の中の流れがわからなくなってはいないと思っていたけれど、それだと流し読みになりがちで、量は蓄積されても、ただそれだけだったんだなと。下手したらタイトルだけ見てわかった気になったり、あとで調べてみようと思ってそれで終わってたことがたくさんあった。

新聞を久々に最初から最後まで読んでいたら、与えられた情報に対して「考える」ということを自然発生的にしていて、ネットと同じ情報を享受しているはずなのにこの違いはなんなのかなと。

あとは、ネットでこの見出しだったらクリックして本文まで読んでないなといったニュースも、読んでみたら面白かったり。

紙とネットの違いって、一度に目に入る情報量の差だけなのか。

ネットだと自分が興味のあるものや、興味を惹かれたものだけを選択することができるので、たくさんの情報を取り入れた気になっていても、一歩下がって俯瞰してみると、とても偏ったちいさな箱庭のなかで、ああだこうだと思い巡らしていただけの場合も多い。

だから気をつけようとは思うのだけれど、なかなか広く浅くが実行できないのだ。
ここも深堀りしたら面白いことになるのかもだけれど、いかんせんモノゴトを深く考えるをしてこなかった人間なので、やはり次へ行く。

 

そして、買い換えたテレビが到着し、数日振りに映像と音楽が生活に沿う空間に自分を置いてみたら、ざわざわざわざわ煩いなと思ってしまった。

到着日の平日は有休を取っていたので、日中はワイドショー的な番組が多かったのだけれど、画面のなかで大人数でああだこうだ(日馬富士の事件について)語っていたのが、非常に情報過多だと感じた。

垂れ流される他人の意見を、ただただ受け取るだけというのは意外と辛いものだなと。

いやいやこっちにも考える時間をくれよ! とか、さっき彼女がいいこと言ったのに、そこ流しちゃうのか!? とか、そもそもこんなに人数いらないよね? とか、とにかく頭のなかがごちゃごちゃするし、自分のペースで進まないことにぐったりして、しばらくしたら寝落ちしていた。(ただの昼寝)

テレビはとにかく情報量が多い。

ワイドショーを見ることがあまりない生活+久しぶりのテレビ(視覚&聴覚に一度に情報が入る)という状況だったので、もう少し緩やかなものからリハビリすればよかったというのが総括なんだけれど、ひたすら情報を一方的に受け取る生活を続けていたら、脳が疲れるのと麻痺するのとどちらが先なんだろうと少し怖くなった。

だけどきっとすぐに慣れてしまうんだろうな。
だから忘れないようにと、記録しておく。

広告を非表示にする

モラトリアム中年の憂鬱

非正規雇用のままで結構いい年まで来ちゃった人は、正社員になるチャンスを逃して、仕方なく非正規雇用に甘んじているだけで、チャンスがあれば正社員になりたいんだ、という声も大きい昨今ですが、正社員故の業務量や責任、会社のルールに則った仕事や考え方をしなければならない等々のことを考えると、そういうのが煩わしいから、あえての非正規なんだという人も一定数いる。

というか、私の周りには割と多い。

大体もともとはどこかの会社で正社員をしていて、体調を崩したり、家の都合でいったん離れて、再就職しようとしたときに、非正規しか見つからなかったというパターンをよく聞くし、自分もそのなかの一人だ。

で、いったん非正規で社会復帰をしてみたものの、安い給料だけど責任の重くない仕事だし、残業しこたまするような生活ではないからいいかと思って、気がついたらいい年になっていたという現実。(入社したときには20代や30代だったのに、いまやみんな40代・50代でござる)

非正規だなんだと言いつつも、会社にはちゃんと社員転換の制度もあって、割と新しく入って来た人は数年で転換をしている傾向なんだけれども、いまの会社に10年以上いる非正規社員ほど、社員転換をしたがらないのは、社員のカースト制度がかなりシビアだからという話は機会があったら改めて書こうと思う。

 

続きを読む

定期を買うのに、いつも葛藤が生まれる

通勤定期が切れた。

契約社員でも定期代は支給されているので、継続で買えばいいだけの話なんだけど、別に定期が足枷でもなんでもないのに、買っていなければ、もしくはせめて3ヶ月定期にしておけば、その先の未来の自分は転職できているかもしれない! と、そこに意味を持たせてしまって、ついつい買う時期を延ばしてしまう。(結果、お金だけが飛んでいく貧乏の系譜)

 

って、ちゃんと転職活動してる人がいうセリフだよねと分かっちゃいるのに、変な願掛けのような未来への先送りばかりしてしまって、いつそのときが来るのかは、まったく不明。

大体、未来は現在と繋がってるんだから、いま努力していない限り、ただ時間がたっただけの未来に、そんなに人生が変わるようなことが待っているなんてことはないんだよね。

 

実際、この一年で何社か受けてはみたけれど、どうしてもこの会社じゃないと! どうしてもこの仕事じゃないと! というパワーがないので、見透かされているんだと思う。

転職したいしたい言いながら、実際はただ単純に環境を変えたいだけならば、いっそのこと定期をひと駅(自費で)延ばして、いつもとは違う帰り道にしてみたり、途中下車した街でお店を開拓して、変化を無理矢理作るのも手なのかもしれないし、配置替えを申し出るのも短絡的にはありなのかもしれない。

 

まあその前に、残業だらけで思考停止するこの生活からどんな方法でも早く抜け出すのが先決だし、さらにいうなら、ICカードの残高が1000円未満になったので、チャージするところからはじめようか。

 

 

文句ガールとお盆休み

お盆は電車ガラガラと聞いてたけど、ホントに座れてびっくり。

毎年そうなんだろうけど、喉元過ぎればなんとやらで忘れてしまうので、毎年新鮮な気持ちでこの時期通勤してます。

 

さて。

勤め先は、広義的には「サービス業」のため、夏期休暇は各々有休を使って取得するんだけど(人事からも連続休暇取得推進のお達しが出る)、入社して5年以上たってるのに、毎年同じ文句を言う人がいるなぁということで、我が部の文句ガールについて、思いを馳せてみる。

 

まず彼女の言い分として、夏期休暇を取得せよと推進するわりに、正社員と契約社員とで、有休の日数が違いすぎる! ということが不満らしい。

 

勤め先の場合、正社員は半年待たなくても入社してすぐに有休が使用できるし、日数も最初から15日あるので、半年待ち&10日スタートの契約社員とは違いすぎる、それなのに右へ倣えで、夏期休暇をなかば強制的に(彼女にとってはそう思えるらしい)取れというのは何事かということらしい。

 

うむ。

確かに正社員とは違うよね、と事実には頷くものの、まず正社員は就活して勝ち上がってきた人たちなのだから、制度に違いがあるのはやむなしというか、当然だよね。うちら面接だけで入社してるわけだし、と応えてみると、次にいままでに勤めた会社はすべからく会社として夏期休暇があったので、貴重な有休を使う必要なんてなかったとの話に。

 

お、おう…。

 

なら、なぜにサービス業に就職したのだろうか。

(募集要綱にも年末年始休暇は記載あっても夏期休暇の記載はない)

 

それに会社としての夏期休暇があったとしても、時給制のわたしたちは単純に給料が減ってしまうので、どっちがよかったかといわれると、夏期休暇取得を選べるいまの方がいいんじゃなかろうかと思ってしまう。

 

と思ったことを思ったままに伝えてみても、毎年毎年同じ文句を聞いているので、まあ言うことでストレスを発散しているんだろうなと思うことにした。

 

ということで、電車乗り換えたら座れなかったけど、ブログ書けたので、やっぱりそこそこ空いてたようです。

ってことで、お仕事行ってきます!

( ´∀`)/~~

 

 

 

 

広告を非表示にする

風邪引いて思ったこと

本日は2017年、4回目のプレミアムフライデーですね。

2・4月は普通に業務。
3月は期末お疲れ様飲み会が設定され(定時後に)、結局プレミアムなフライデーを一度も味わえておりません。

で、5月(今月)は? って話なんですが、週明けから引いた風邪が悪化して、昨日・今日と2日連続で会社をおやすみし、家でごほごほ・ズビーズビー(鼻を嚙む音)・うぇっほうぇっほ(察し…)な三拍子で、贅肉のなかに埋もれた肋骨が、

「アタイはここにいるよ! ずっと前からいたんだよ!」

って痛みで語りかけてくれるだけの、プレミアムフライデーと相成りました。 

続きを読む
広告を非表示にする