定期を買うのに、いつも葛藤が生まれる

通勤定期が切れた。

契約社員でも定期代は支給されているので、継続で買えばいいだけの話なんだけど、別に定期が足枷でもなんでもないのに、買っていなければ、もしくはせめて3ヶ月定期にしておけば、その先の未来の自分は転職できているかもしれない! と、そこに意味を持たせてしまって、ついつい買う時期を延ばしてしまう。(結果、お金だけが飛んでいく貧乏の系譜)

 

って、ちゃんと転職活動してる人がいうセリフだよねと分かっちゃいるのに、変な願掛けのような未来への先送りばかりしてしまって、いつそのときが来るのかは、まったく不明。

大体、未来は現在と繋がってるんだから、いま努力していない限り、ただ時間がたっただけの未来に、そんなに人生が変わるようなことが待っているなんてことはないんだよね。

 

実際、この一年で何社か受けてはみたけれど、どうしてもこの会社じゃないと! どうしてもこの仕事じゃないと! というパワーがないので、見透かされているんだと思う。

転職したいしたい言いながら、実際はただ単純に環境を変えたいだけならば、いっそのこと定期をひと駅(自費で)延ばして、いつもとは違う帰り道にしてみたり、途中下車した街でお店を開拓して、変化を無理矢理作るのも手なのかもしれないし、配置替えを申し出るのも短絡的にはありなのかもしれない。

 

まあその前に、残業だらけで思考停止するこの生活からどんな方法でも早く抜け出すのが先決だし、さらにいうなら、ICカードの残高が1000円未満になったので、チャージするところからはじめようか。

 

 

文句ガールとお盆休み

お盆は電車ガラガラと聞いてたけど、ホントに座れてびっくり。

毎年そうなんだろうけど、喉元過ぎればなんとやらで忘れてしまうので、毎年新鮮な気持ちでこの時期通勤してます。

 

さて。

勤め先は、広義的には「サービス業」のため、夏期休暇は各々有休を使って取得するんだけど(人事からも連続休暇取得推進のお達しが出る)、入社して5年以上たってるのに、毎年同じ文句を言う人がいるなぁということで、我が部の文句ガールについて、思いを馳せてみる。

 

まず彼女の言い分として、夏期休暇を取得せよと推進するわりに、正社員と契約社員とで、有休の日数が違いすぎる! ということが不満らしい。

 

勤め先の場合、正社員は半年待たなくても入社してすぐに有休が使用できるし、日数も最初から15日あるので、半年待ち&10日スタートの契約社員とは違いすぎる、それなのに右へ倣えで、夏期休暇をなかば強制的に(彼女にとってはそう思えるらしい)取れというのは何事かということらしい。

 

うむ。

確かに正社員とは違うよね、と事実には頷くものの、まず正社員は就活して勝ち上がってきた人たちなのだから、制度に違いがあるのはやむなしというか、当然だよね。うちら面接だけで入社してるわけだし、と応えてみると、次にいままでに勤めた会社はすべからく会社として夏期休暇があったので、貴重な有休を使う必要なんてなかったとの話に。

 

お、おう…。

 

なら、なぜにサービス業に就職したのだろうか。

(募集要綱にも年末年始休暇は記載あっても夏期休暇の記載はない)

 

それに会社としての夏期休暇があったとしても、時給制のわたしたちは単純に給料が減ってしまうので、どっちがよかったかといわれると、夏期休暇取得を選べるいまの方がいいんじゃなかろうかと思ってしまう。

 

と思ったことを思ったままに伝えてみても、毎年毎年同じ文句を聞いているので、まあ言うことでストレスを発散しているんだろうなと思うことにした。

 

ということで、電車乗り換えたら座れなかったけど、ブログ書けたので、やっぱりそこそこ空いてたようです。

ってことで、お仕事行ってきます!

( ´∀`)/~~

 

 

 

 

広告を非表示にする

風邪引いて思ったこと

本日は2017年、4回目のプレミアムフライデーですね。

2・4月は普通に業務。
3月は期末お疲れ様飲み会が設定され(定時後に)、結局プレミアムなフライデーを一度も味わえておりません。

で、5月(今月)は? って話なんですが、週明けから引いた風邪が悪化して、昨日・今日と2日連続で会社をおやすみし、家でごほごほ・ズビーズビー(鼻を嚙む音)・うぇっほうぇっほ(察し…)な三拍子で、贅肉のなかに埋もれた肋骨が、

「アタイはここにいるよ! ずっと前からいたんだよ!」

って痛みで語りかけてくれるだけの、プレミアムフライデーと相成りました。 

続きを読む
広告を非表示にする

プレミアムフライデーその後

2017年2月24日(金)にプレミアムフライデー制度がはじまった。

勤め先では、「半休推奨」「午後3時以降のミーティング禁止」「残業しないで定時で上がれ」とお達し(と朝夕の社内放送)はあったものの、ミーティングも残業も普通にやってたし、ふわっとした感じでのスタートでした。
(半休取ってたの正社員くらいだったし)


なんだかなぁ。

まあ、時給制だから、強制退去で給料カットされなくてよかったけどね。

電話部門もあるし、社内のバランスとるには最大限の企業努力だったのかも?

3月は決算とかぶるし、どうなるんだろうね?





半休くらい好きなときにとりますですよ。

2016年に観た映画ベスト

2017年明けましたね。

年末からの風邪が治らず、ひたすら寝てばかりで腰が痛いという思わぬ正月となりましたが、今年もよろしくお願いします。

つか、この日記はじめて約1年経つというのに、記事が20本しかないってことにびっくりですよ。
といいつつも、毎日書くとかは自分には無理ゲーなので、今後ものんびりやっていきまする。

 

新年一本目は2016年に観た映画で、心に刺さったやつを記録しておきます。
公開日が2016年のものではないのですが、ご容赦くださいまし。

 

続きを読む
広告を非表示にする